オススメ記事
吉本興業 宮迫博之・田村亮ら芸人11人を謹慎処分。なぜ謹慎処分になったのか?
スポンサーリンク

やはり謝罪だけでは済まない状況になりましたね。

ニュース内容

事務所を通さずに仕事をする『闇営業』を詐欺グループとの間で行った問題で『吉本興業が雨上がり決死隊の宮迫博之(49)ら所属芸人11人を謹慎処分』にしたことを24日にわかりました。これにより、金銭を受け取っていなかったと説明していたが、受け取ったとして謹慎処分になったと見られる。

関連記事は、こちら。

ロンドンハーツ1号2号の田村亮(47)ら参加した芸人の今後のスケジュールは『すべて白紙』となった。

対象の芸人は誰か?

対象は2014年12月に詐欺グループの忘年会に参加した『宮迫・田村・HG・ガリットチュウ福島』の4人と、詐欺グループの別の誕生会に参加した、『くまだまさし・ムーディ勝山・天津・木村』の計8人。

数年前の出来事で記憶に曖昧な点も多く、事実関係を確認するために『複数回ヒアリング』を行う中で金銭の授受が発覚しました。

問題が発覚した際は、『詐欺グループであることも知らず、ギャラも貰ってなかったと』説明していましたが、ある男性がギャラを発生したことを週刊誌に話したことにより今回の処分が決まったと考えられます。

上記の、その男性の関する記事があるのでぜひ見ていただけるとよりわかりやすいと思います。


まとめ

なぜ初めから本当の事を話さなかったんでしょうか?ギャラが発生していたのなら、必ず誰かは覚えているはずなので嘘を突き通そうとしていたと考えてもおかしくないですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事