オススメ記事
スポンサーリンク

色んな顔を持つココリコ遠藤さんについて面白いニュースが出てきました。

ニュース内容

お笑いコンビ・ココリコ遠藤(47)音楽劇『トムとジェリー 夢よもう一度』(8月~10月上映)で、舞台の初挑戦することが6月18日に分かりました。

同作は、2020年に誕生80年を迎える人気アニメ『トムとジェリー』の日本初舞台化が決定しました。お笑いコンビ・バッファロー吾郎の竹若元博(48)とのダブルキャストで、おっちょこちょいでどこか憎めないネコのトムを演じる。

舞台はアニメを元に作られる

舞台はアニメの代表的エピソード『夢よもう一度』をベースにオペラと融合し、作曲家の松任谷正隆氏(67 )が劇中音楽を手掛けている。

着ぐるみなしで、お笑い、ダンス、、恋愛シーンなどを届ける遠藤は『 舞台作品に出演経験が全くないのですが、お声がけいただき、大変光栄。楽しい舞台を作っていきたい 』とコメントしています。

その他のキャストは、ジャニーズJr.

頭脳明晰なネズミのジェリー役は、3人が演じるジャニーズJr.内ユニット・宇宙Sixxの松本幸大(30)が名古屋山本亮太(29)が東京ふぉ~ゆ~の松崎祐介(32)が大阪公演に出演し、遠藤さんと初出演することが判明しています。

松崎は『いろんな役をやってきましたが、人生初のネズミ役でございます』と驚きながら『劇場でお待ちして松』ダジャレで呼び込んでいました。


まとめ

ある意味実写化不可能なアニメなはずなのに、舞台はなんでも実写化をさせてますよね。テニスの王子様や弱虫ペダルなど、舞台はなんでもありだからこそ活かせれることもあるんですね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事