オススメ記事
KANA-BOO飯田行方不明は『事件性なし』の可能性が高い理由が判明
スポンサーリンク

KANA-BOO飯田さんについての新たな情報が発覚しました!

ニュース内容

4人組ロックバンド『KANA-BOON』のベース・飯田祐馬(28)が今月5日から音信不通となっている問題で14日、新事実が明らかになりました。

関連記事は、こちらです。

家出に二種類ある?

家出には『一般家出人』『特異家出人』の二種類があり、前者は自分の意志で姿を消すこと者のことです。後者は、事件に巻き込まれた形跡があるなど、自分の意志ではない可能性があるものを指します。

飯田さんは、どちらになるのか?

音信不通となった飯田さんを心配した家族は、警視庁成城署に捜索願を出していましたが、同署で飯田さんは『一般人家出人』扱いしている事が判明しました。ここでわかったのは、『事件性なし』の方向で捜査を進めていることです。

警察関係者は『事件に巻き込まれた可能性があれば、とっくに捜査1課が入っている。そうでないということは、飯田の周囲は失踪理由について何らかの心当たりがあるはず。ただグループやあファンへの影響を考慮し、公にアナウンスできない事情があるのだろう』と説明した。

メンバーが決断したのは3人で活動

14日に、残るメンバー3人が公式サイトで飯田さんが不在でも『KANA-BOONの活動は休止せず音楽活動やお仕事について続けていくと』心配する様子はありましたが、アッサリ活動宣言をしました。

メンバーの詳しいコメントについては、こちらです。

音楽関係者は『あまりにも決断が早いように感じる。そのニュースを見た飯田が『俺なんかいなくても・・・』と考えてもおかしくない。余計に表に出づらくなるのではないか』と話していた。

人によってメンバーのコメントや決断については、賛否両論があるみたいですね。。。

もしかしたら、グループ中で飯田はあとから加入した非オリジナルメンバーで、他の3人は高校の同級生。この辺りの『差』も気になる所です。

ネット上では...

ネット上では過去に飯田さんが宗教法人『幸福の科学』に出家した清水富美加改め『千眼美子』と不倫関係があったことから、同団体が飯田さんを『保護しているのでは?』と疑問の声があがっているが『幸福の科学』は『一切、関知しておりません』と否定されたことも発覚しました。


まとめ

捜索願は、家出人として扱われそれが二種類あることも知りませんでした。今回は、事件性がない方の『一般家出人』に選ばれた為、家族は何かしら知っている可能性がありますよね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事