オススメ記事
スポンサーリンク

ニュース内容

20日に、Huaweiに対してAndroidのサポートを停止を発表後の次の日に、米政府がHuawei(スマートフォンメーカー)に対して輸出規制を一時的に緩和すると発表されました。その緩和期間は、90日間と述べられてます。対象は、Huaweiのみです。

米商務省は20日、ファーウェイがしばらく既存のネットワークを維持し、自社のスマートフォンとタブレットに対するアップデートを提供できるようにするための一般許可証を発行すると述べられた。

その一般許可証があると何が変わるのかというと、90日間、既存モデルに対してソフトウェアアップデートとセキュリティパッチの提供が続けれる事が可能になります。

許可証の失効後のGoogleの対応はまだ不明なので、90日間の間にまた動きがあると思われます

まとめ

Huaweiスマートフォン利用者としては、90日間の間に大きな動きがなければ他の会社のスマートフォンを利用する事を考えないといけませんね。

最新記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事