オススメ記事
スポンサーリンク

正式リリースされた『七つの大罪 グランドクロス』をまとめてみました!

ニュース内容

Netmarbleは本日(2019年6月4日)スマートフォン向け新作アプリ『七つの大罪~光と闇の交戦~(グラクロ)』(ios/Android)を正式リリースされました。

グラクロとは、原作の七つの大罪をモチーフにしたシネマティックアドベンチャーRPGゲームで基本プレイは無料です。ゲーム内で使用されるオリジナル楽曲が2018年ピョンチャン冬季オリンピックやアニメ『十二国記』・『テガミバチ』・『レベルE』などの楽曲も手掛けてた、国外で有名な音楽プロデューサーの 梁邦彦(りょう くにひこ)さんが製作している。

グラフィックも高画質で待ちに待ったゲームだと思います。さっそくゲームをプレイしていきたいと思います!!


ゲーム画面

初めの画面は主人公・メリオダス含め七つの大罪+エリザベス+ホークだけのシンプルでいいですね!

ダウンロード中

容量は1.6GBありとても容量が多いですね。これからもアップデートを重ねていくと中々の容量になりますね。

データダウンロード中は、漫画・アニメの1話の前半部分が映像となっておりダウンロード中の時間に七つの大罪のあらすじがわかるようになっています。七つの大罪を知らない人向けですが、グラフィックがとてもいいので見ていて飽きませんでした。

バトルシステム

新システム『スキルシステム』が採用されていて、ターン制バトルのため簡易的で高い戦略的な戦闘を行えます。

チーム編成はメイン3/サブ1が基本

グラクロのバトルはメインとして戦うのは3キャラです。メインキャラが倒されると入れ替わりでサブキャラ1人の計4人編成が基本です。メインとサブ以外にも、サポート、絆スロットが存在し前線で戦うキャラを支援してくれます。

属性は3種類

各キャラは『筋力』『体力』『速力』が存在します。

  • 『筋力』は『体力』に有利で『速力』に不利。
  • 『体力』は『速力』に有利で『筋力』に不利。
  • 『速力』は『筋力』に有利で『体力』に不利。

有利属性にはダメージ30%増加、不利属性にはダメージ20%減少と有利不利によってダメージ倍率が大きく変化します。

スキルカードを利用したターン制バトル

バトルは、自陣と敵が攻撃終了時に入れ替わる『ターン制』バトルです。画面↓にランダムで配布されるスキルカードをスワイプでスロットにセットし、セットやカード移動を計3回行うとキャラが動き始めます。カードには、ランクがあり☆1~☆3までありあます。同じカード同士が隣あうと、カードのランクがあがり最高☆3まであがります。

スキルタイプが6種類あり、スキルを有効活用して優位にバトルを進めます。

  • 『攻撃スキル』ダメージを与えるスキル
  • 『バフスキル』一定ターンの間、バフ効果を与えるスキル
  • 『構えスキル』構えを取っている間、特定効果を維持するスキル
  • 『デバスキル』一定ターンの間、デバフ効果を与えるスキル
  • 『デバフ攻撃スキル』デバフ効果とダメージを与えるスキル
  • 『回復スキル』HPを回復するスキル

必殺技

キャラのスキルをセットや移動を行うと、キャラのHPの下にある必殺技ゲージが対象のキャラに1つずつ増えていきゲージ5つ溜まると次のターンに必殺カードが配布されます。カードは、稲妻が周りについてるので、簡単に見分けがつきます。

チュートリアル終了後は10連ガチャ(とても豪華演出!!)

一通りチュートリアルが終わると10連ガチャが引くことが出来ます。今まであらゆるスマホゲームをしてきた私ですが、10連ガチャの演出がもの凄い演出でビックリしました!ぜひ、見てほしい為動画も取ってみたので見てください!

演出には、メリオダスが変身した演出もあります。(一回目の10連ガチャでは、変身したメリオダスだったのでその場合SSR確定だと思います。)

20連の結果

感覚としてはRと同じくらいSRが出やすい印象でした。SSRは1体のみで、運が良かったと思います(リセマラしなくてすんだ。笑)

しかし、七つの大罪メンバーがキングとゴウセルしかでなかったのでレア度が低くてもいいので七つの大罪メンバーが欲しかったなと思いました。

まとめ

ゲームのグラフィックは、今までのスマホゲームのトップ3に入ると思います。比較するとしたら、ドラゴンボール レジェンドと同じくらいのグラフィックだと思います。ゲーム後には、毎回ボイス付きの映像が流れ毎回ゲームを飽きさせない作りになっています。しかし、グラフィックの高画質や動画の量が多い為スマホ容量が1.6GBあり低スペックのスマホだと動きがカクカクになるかもしれません。私は、galaxy note8を使用している為カクカクなどはしませんでした。

高スペックが求められるアプリかもしれませんが、面白いのでぜひリリースされた日から始めてみましょう!

公式サイト: https://7taizai.netmarble.jp/

最新記事

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事