オススメ記事
スポンサーリンク

GoogleがHuaweiのAndroidサポートを停止し、今後HuaweiスマホはGooglePlayなどのGoogleサービスが一切利用できなくなります。

ニュース内容

本日の午前に『GoogleがHuaweiとの取引を停止する』と報じられました。これによって、HuaweiはGoogleの開発するモバイルOSであるAndroidを自家製スマートフォンに搭載することができなくなり、今後リリースされるHuawei端末ではGooglePlayやYoutubeやGmailなどGoogleサービスが利用できなくなります。

ここで気になるのは、Huaweiのスマートフォンが世界でのシェアが一体どのぐらいあるかです。去年の統計結果では、世界シェア第2位になります。3位は、AppleでiPhoneよりシェアがあるスマートフォンになります。

しかし、なぜそんな世界シェア第2位のスマートフォンを作るHuaweiがGoogleと取引を停止する事になったのでしょうか?それは、アメリカが中国に対してある事がきっかけだと思います。

きっかけ

以前から、アメリカでは中国のテクノロジー企業に対する規制が強まっており、2018年8月には中国の大手テクノロジー企業であるHuaweiがアメリカ市場から全面撤退すると報じられました。その後も、Huawei創業者の娘であり同社のCFOである孟晩舟氏がカナダで逮捕されたり、アメリカがHuaweiを刑事訴追したりと、Huaweiを巻き込みながらアメリカ・中国間の激しい争いが繰り広げられていました。

そして2019年5月15日にはドナルド・トランプ大統領が『情報通信上のリスクがある外国製品の取引を禁止する』という大統領令に署名したと報じられ大きな反響がありました。

まとめ

今回の報道で、Huaweiが今後発売されるスマートフォンには独自のOSを使用していかなくなりHuawei側は前もって独自のOSを開発していると情報があるので、もしかしたらOSを使用できなくてもやっていけるかもしれませんが、消費者側としてはHuawei製のOSに信頼性が十分にあると考えにくいのでどちらにしても今回のニュースは、Huaweiにとって痛手となるニュースでしたね。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事